髪の毛用の紫外線対策方法

髪の毛は常に外気に晒されているものです。そのため、髪の毛は乾燥や湿気などの影響を受けやすいものですが、特に気を付けたいのが紫外線によるダメージです。

 

肌の紫外線対策は様々な方法がありますが、髪の毛の紫外線対策はどのようにすればいいのか分からない、という方は多いと思います。そこで今回は、髪の毛用の紫外線対策方法をご紹介します。

 

日焼け止めを使う
髪の毛も肌と同様に日焼け止めを塗ると、紫外線をカットすることができます。ただし、肌用の日焼け止めは髪の毛に上手く馴染まず、そのまま塗ると白くなってしまうので、髪の毛用の日焼け止めを使いましょう。

 

一番効果的なのは塗るタイプのものですが、最近では簡単に使えるスプレータイプの日焼け止めもあります。シーンに合わせて使い分けましょう。

 

帽子をかぶる
紫外線から直接髪の毛を守るには、帽子をかぶるのが有効的です。髪の毛が短い方はそのままかぶり、髪の毛が長い方はひとまとめにして帽子の中に入れてしまうなど、髪の毛が直接日差しに当たらないようにしましょう。

 

帽子はUVカット加工がされているもので、つばの広いものがオススメです。また、熱を吸収しにくい薄い色の物を使うと、暑い夏場でも蒸れにくく快適に過ごすことができます。

 

ダメージケア用のヘアケア用品を使う
紫外線が強い時期は、ダメージケア用のヘアケア用品で髪の毛をケアしましょう。紫外線を浴びてしまった髪の毛でも、しっかりとケアすることで受けたダメージから髪の毛を修復することができます。洗い流さないトリートメントなどで髪の毛を保護するのも効果的です。