発達障害 サプリ

発達障害と仕事について

 

発達障害の人が働くうえで適職というものはあるのでしょうか?発達障害の人に限らず「天職」というものに出会えるのはほんの一握りです。それよりも今ある仕事の中でより良いと思えるものを探してみましょう。

 

発達障害の人に多いのが想像することが苦手ということ。そのせいで全く自分に合わない仕事を選んでしまうこともあります。それでは発達検査などで適職が分かるのでしょうか?発達検査で分かることは限定されていて、「適性」が分かる程度です。同じ職種であっても求められることは大きく違ったり、環境も変化するのが当たり前の現在。発達検査は参考になりにくいと言えるでしょう。

 

また発達障害では自分が苦手なことが分かっていないケースも多く、自分の得意な方を探していくのもひとつの方法です。発達障害の人にとって向いている職業のひとつに経理があります。そしてIT関係も向いていると言えます。答えが変わらないものの方がやりやすい仕事。人の気持ちなどで正解が変わるものには対応がしにくいかもしれません。

 

逆に向かない仕事もあります。一度にいろいろなことが要求される仕事や、相手の気持ちを考える接客や電話業務、飛び込みの営業などむ向かない仕事です。ですが働く環境や職場の雰囲気などでも大きく変わってきます。また発達障害の傾向によっても違ってきます。もし仕事がつらい、苦しいと言った時には障害者枠も考えてもいいかもしれません。配置換えや転職なども方法のひとつです。専門の機関で相談してみてはいかがでしょうか。

 

発達障害のサプリメントについて

 

発達障害の食事療法は効果が出るのに時間がかかるので、効果を感じることが出来ずに途中でやめてしまうこともあります。また発達障害には偏食も多くみられるため、メニューを考えたり作るのも大変な場合もあります。

 

そんな時には効果を実感しやすく、効率よく必要成分を摂取出来るサプリメントを利用するのもひとつの方法です。発達障害を改善させると言われるサプリメントはたくさんありますが、どのようなものがいいのでしょうか?ポイントとなるのはこのようなことです。

 

・足りない成分を摂取できているか
・会社の信頼性は大丈夫か
・利用のしやすさ

 

このようなことが大きなポイントではないでしょうか。発達障害のサプリメントで用いられている成分にDHAとEPAがあります。この二つはオメガ3脂肪酸と呼ばれる成分で、脳の神経細胞の膜になる成分。シナプスの膜を柔らかくすることで情報の伝達をスムーズにする作用があります。

 

この二つの成分が配合されているサプリメントでおススメなのが「美健知箋EPA&DHA」。まずは配合量ですが、DHAの場合摂取量が1日250〜500mg、EPAは1日500〜1000mgとされていますが、「美健知箋EPA&DHA」には二つ合わせて750mg配合されています。他のサプリメントと比べても高い配合量です。

 

次に会社の信頼性ですが、この製品は像のマスコット「サトちゃん」でおなじみの佐藤製薬グループの商品。90年以上の歴史がある製薬会社でカスタマーセンターもあります。そして利用のしやすさですが、形状は小粒で臭いの気にならないシームレスカプセルなので飲みやすくなっています。

 

そして「美健知箋EPA&DHA」にはお試し価格があり、使ってみてからキャンセルすることも出来ます。税込みで1,000円でお試しできるので利用してみてはいかがでしょうか。

 

発達障害の根治について

 

発達障害と診断された場合、最も気になるのが治るかどうかということではないでしょうか。根治するのかといえば根治はしません。ですが改善することは出来ます。現在で効果的だと思われる改善方法についてご説明します。

 

・食事
・運動
・知育
・サポート

 

これらのことが重要なプロセスです。

 

まずは食事ですが、発達障害は脳機能の障害が原因なので脳細胞を強くすることが大切。神経伝達物質のやりとりがスムーズに出来るように細胞をしっかりさせることで必要な栄養素を届けることも出来ます。ジャンクフードを食べない、砂糖を摂り過ぎないなどの他グルテンフリーやカゼインフリーなどもあります。

 

次に運動ですが、発達障害は運動が苦手なことも多く、これは触覚、固有覚、平衡感覚の3つの感覚が上手に働いていないことによるもの。この3つの感覚を統合する運動をすることで改善されるケースがあります。例えばトランポリンやキャッチボールなどです。

 

次に知育です。ルールを理解出来る脳をつくることが大切。療育や幼児教室などでされている知育が効果的です。そして相手の考えが分からない、整理整頓が出来ないなどの苦手なことを時間をかけてインプットしてあげましょう。

 

最後にサポートです。このサポートが効果を引き出し改善にも大きく影響します。発達障害の場合は周囲の理解が得られず自分が悪いと思い込み、うつなどの精神的な二次障害を起こすことも多いです。近くにいる人が良き理解者となってサポートすることで、回復への意欲も出て前向きに取り組めるようになります。いろいろなコミュニケーションの場もあるので、積極的に利用してみるのもいいかもしれません。

 

発達障害の症状、分類、診断方法などについて

 

日本での発達障害の定義は「発達障害者支援法」によって制定されていて、世界保健機構の基準に準拠しています。文科省の2012年の調査では、通常学級の生徒の中で6.5%が発達障害の特徴を示したという結果になりました。発達障害といっても種類はいろいろあり、症状もそれぞれ違います。

 

●広汎性発達障害
自閉症やアスペルガー症候群、レット障害など。社会性やコミュニケーション能力に障害があり、感覚が過敏だったり鈍感だったり、物事に強いこだわりを持っていたりします。

 

●注意欠陥・多動性障害
ADHDとも言い、落ち着きがなく集中力にかけています。忘れ物やうっかりしたミスも多く、気が散りやすい傾向にあります。

 

●学習障害
LDとも言い、読んだり書いたり計算したりといった特定の分野が極端に困難な障害。図形や漢字など似ているものが理解出来ないといったこともあります。

 

●知的障害
言葉や運動、社会性や適応性などの能力に障害があります。

 

発達障害の診断は、子供の場合は専門外来のある小児科や児童精神科などで、大人の場合は精神科や心療内科で診断されることになります。発達障害を診療出来るところはまだ少ないので「発達障害者支援センター」に相談をして専門の医療機関を紹介してもらいましょう。知能検査や発達検査は児童相談所で無料で受けられることもあります。

 

治療についてですが、根本的に治療することは今現在では出来ません。周囲からの叱責や非難によりうつや不安障害、ひきこもりなどの二次障害を起こすこともあるので、早めの対処が求められます。発達障害はまだ理解されにくい部分が多く、本人以外に家族や周りの人も悩まされることが多いのが現状。支援センターなどと連携し、サポートしていくことが大切です。

 

発達障害は知能が低いわけではありません

 

発達障害は子供の頃に分かる人と大人になるまで気づかない人がいます。軽度な発達障害は、運動などに問題があっても個性として扱われることも多く、大人になってから気づく人もいます。

 

発達障害では運動が苦手に人が多いようですが、陸上などの個人競技は得意な人もいます。ですがチームワークで行う球技などは苦手な人が多くなります。状況によって対処しなければならない団体競技は難しいと感じる人が多いようです。絵に関しても特徴があります。

 

発達障害が早く発見されるタイプは色へのこだわりが強かったり、逆に単色だけで描くようなことも。また発達障害であっても器用にまねをして描くことが出来ることもあります。運動や絵を描くことにしても子供の頃は少しの違和感であったものが、大人になるとその違和感は大きくなり、スポーツが出来ないことにも劣等感を感じてしまうようになります。

 

発達障害は知能が低いわけではないので、勉強が出来るタイプの子どももいます。学校では成績優秀だったのに社会に出ると「仕事が出来ない人」と言われてしまうこともあります。自分に興味があることしか会話が出来なかったり、一方的に話してしまうようなこともあるので、周囲とのコミュニケーションもとりにくくなっていきます

 

。これが劣等感へとつながり、うつなどの精神的な二次障害を起こしてしまうこともあります。そして両親や兄弟、配偶者といった関係もうまくいかなくなってしまうことも。自分が発達障害でホッとする人も多くいます。

 

もし発達障害かもしれないと思うようなことがあれば,、診察を受けてみてはいかがでしょうか。適切な治療を受けることで改善される可能性も大きくなります。

 

運動が苦手な発達障害の子供について

 

発達障害には自閉症やアスペルガー症候群などのコミュニケーションに問題があるといったケースがありますが、運動が苦手な子供も多くいます。

 

・運動神経が悪い
・運動音痴
・運動が苦手

 

といった特徴を持つ発達障害の子供がいます。具体的には次のようなことができない、苦手だったりします。跳び箱、キャッチボール、鉄棒、縄跳び、前転、スキップ、体操などです。マット運動などは個人でやるので誰かの迷惑にはなりませんが、みんなで一緒にやるスポーツだと周りに迷惑をかけてしまい、子供が学校に行きたくなくなる原因にも。

 

このように運動が苦手な場合は「発達性協調運動障害」かもしれません。この発達性協調運動障害は目や手などを同時に使う、という動作が難しい障害です。たとえば縄跳びは手で縄を回しながらジャンプしますが、手を動かすこととジャンプする、という二つの行動を同時にします。これを「協調運動」といい、発達性協調運動障害だと、この協調運動が苦手になります。

 

まだ小さいうちは個人差も大きいので発達性協調運動障害だとわかりにくいのですが、5歳を過ぎた頃からだんだんわかるようになるケースが多いようです。学習障害やADHD、自閉症スペクトラムなどの発達障害の場合、発達性協調運動障害を併せ持つことが多いといわれています。

 

療育は作業療法による訓練があります。トランポリンなど遊びながら体感筋力を鍛えたり、工作などをして手先の運動をします。覚えなければいけない運動も多いと思いますが、訓練しながらできることを増やしてあげてください。

 

こちらも参考に:発達障害サプリの効果とは@脳に良い成分はビタミンB・DHAどれが良い?

 

目的意識が高ければ病気になりにくい

 

研究によって人生の目的意識が高いと病気になりにくいという結果あgありますが、そもそも人生の目的意識が理解できないという方は多いです。作家や職人といった終わりのない目標を持っているのでしたら問題はないと思いますが、普通の人であれば、じゃあこれから人生の目的意識を持ってといわれても何をすればいいのかわからないでしょう。

 

では、どうすればいいのか説明しますが、それは今までにやったことのないことをやってみるということであり、そもそも行動を起こすことによって意欲や意識をコントロールすることが出来るので一度やってみてから考えるということでも全く問題がありません。もし未経験でしてみたいことがあればやってみるということをオススメします。

 

脳というのは考えても行動に実行できないところがありますが、とにかく行動してみてください。苦手意識があるかもしれませんがやってみたら意外と…ということもあるでしょう。何をやっていいかわからないというのであれば、ブログなどを初めてみるとか、近くのヨガ教室のようなところに通ってみるとかしてみてはいかがでしょうか。

 

色々と試してみて合わなければまた別のことをはじめてみてもいいと思いますし、合えば楽しくなると思います。そしてそういう目的が出来ることで健康が現れてきます。小さな目標であっても、それだけで意欲などもわいてきて病気になりにくくなりますし、高齢であれば認知症予防になるということも覚えておくといいでしょう。

 

こちらも>>>【ボケたくない】認知症予防のサプリランキング@前兆を感じたら

 

 

 

 

更新履歴